前へ
次へ

働きながらでも弁護士を目指せます

弁護士になるためには、司法試験に合格する必要があります。司法試験を受験するためには、学歴などの条件を満たす必要がありますが、そのような条件をみたすことが出来なくても予備試験に合格することにより司法試験を受験することが出来るようになります。予備試験を経て、司法試験を目指す場合には、働きながらでも弁護士を目指すことが出来る可能性もあります。確保するべき勉強時間としては、1週間で20時間程度と言われています。まとまった勉強時間を確保することが出来ないという場合には、通勤時間を利用したり、少しのスキマ時間を活用することで無理なく勉強時間を確保することが出来ます。なお、予備試験に関しては受験資格はありません。

Page Top