前へ
次へ

税理士の資格は定年がない特徴

税理士の資格は一度取得をしてしまえば、後は生涯保有することが可能となっています。言い換えると、税理士には定年がないです。一般的な仕事では65歳などになると定年となり、仕事を続けることができなくなってしまいます。しかし、税理士の資格には定年がないために、高齢になっても仕事を続けていける環境が用意されています。税務の仕事というのは中小企業や個人店舗などから依頼を受けることで成り立っています。若手の税理士は新たな依頼主を確保しなければなりませんが、高齢の人はすでに固定の依頼者が存在します。そのため、高齢の人材であっても、毎年一定の仕事を確保することができています。よって、資格を取得すれば、生涯働けるという大きな生きがいを得ることが可能です。

Page Top