前へ
次へ

税理士の仕事とは具体的にどんなものですか

税理士の仕事とは、どのようなものでしょうか。一般には税務関連全般です。たとえば税務調査や、確定申告の書類を含めた書類の作成、税金に関する相談などが挙げられます。元々は明治後、税金のアドバイザー的な役割を果たす職業として生まれたものですが、当時は資格を設けておらず、相談者に対して不当な報酬を請求するなどといったこともあり、これを取り締まる法律が設けられ、さらに第二次大戦後に、資格試験が新設されるようになりました。個人で開業することもありましすが、最近は法人組織である税理士法人で仕事をしたり、また、企業の税務関連部署に入社して、そこで仕事をするというケースもあります。企業の場合は特に、会社から見て第三者的な立場で監査を請け負う会計士に対し、会社側に立って税務関連全般を行うというイメージがあります。

Page Top